効率のよい食器の整理術

家にどれぐらいの食器があるか、把握している方は少ないかもしれません。
引き出物やプレゼントなど、知らない間に食器棚に詰め込まれていたりするのではないでしょうか。
きれいに収納されていないと、取り出しがとても難しくなり、無理に引き出すと落としてしまう可能性もあります。

食器を効率よく収納するには、まず、普段使うものを取り出しやすい場所に置くことです。
たくさん食器があっても、お気に入りのものは限られてきて、使用頻度も高くなってきます。
そういうものは手に取りやすいところに置き場所を決めておくと、効率よく家事をこなすこともできるようになります。

食器の収納のお役立ちグッズもいくつかあるようです。
なかでも、すべり止めシートは必須と言えるかもしれません。
すべり止めシートを敷いておくだけで、食器の安定感が劇的に改善されます。
シートはホームセンターなどで購入できるようですので、自分でカットできるタイプの選ぶことです。
その他、書類を立てるためのファイルスタンドが、実はお皿を立てて収納するのに役に立ったりします。
棚の上にサイズが合ったファイルスタントを置き、皿を書類のように縦にして収納していきます。
皿専用のスタンドよりも、ファイルスタンドのほうが取り出しやすいのもメリットです。

収納の仕方に少しの工夫を加えるだけで、使いやすさは格段にアップしていきます。
例えば、色別に分類しておくと、料理との色のバランスを考えるときに役立ちそうです。
料理は食器との相性で、見た目の印象がずいぶん変わってくるものです。
また、家族別に分けたり、デザイン性の高い食器を飾ってみたり、ただ食器棚に入れておくだけの収納から少し発展させてみるのもよいかもしれません。

フォークやスプーン、箸、コースターなど、食事に必要なものは引き出しに収納しておくと便利です。
100円均一やホームセンターで販売されている引き出し用の収納ケースを利用すると、見た目もきれいで、取り出しやすさもアップします。
引き出しは意外にも小皿や小鉢を収納するのにも適しているようです。