衣類・靴の収納アイデア

衣類の収納のコツは、どんなアイテムがあるのかをすべて把握しておくことがポイントとなるようです。
自分が持っているアイテムの把握ができていれば、同じような物を購入してしまうこともなくなり、不要なものが増えるのを防ぐこともできます。
アイテムの把握ができたあとは、収納場所にきちんと畳んで入れるのも大切なポイントとなります。
たたみ方次第では、収納できる枚数がかなり違ってきますし、取り出しやすくなるはずです。

たたみ方のコツは、長方形にすべて同じ形になるようにすることです。
やわらかい素材のものは、箱やブックエンドなどを利用すると、収納が楽になるかもしれません。
クローゼットに収納する場合は、うまく仕切って収納しておくと、アイテムの把握もしやすくなりそうです。

新しく洋服を買ったときなどは、そのままクローゼットや収納家具に押し込んでしまいがちですが、それでは増えていく一方になってしまいます。
こまめに衣類の整理をして、必要な物と不要な物に分け、不要なものは思い切って捨ててしまうことも上手な収納にもつながっていきます。

捨てるということにどうしても抵抗を感じたり、もったいないと思うときは、リサイクルショップに出すという方法もあります。
特にお子様のいる家庭では、お子様の成長につれて着られなくなったものでも、それほど着古していなければ、リサイクルショップで買い取ってもらったほうがよいかもしれません。

靴が大好きな人にとっては、コレクションも楽しみのうちで、家の靴箱ではスペースが足らなくなってしまいがちですが、ちょっとした工夫で収納数を増やすことができます。
女性のヒールなどは、片方は普通に棚に置き、もう片方は突っ張り棒を利用してヒールを引っ掛けることで、収納できる数を倍にすることもできるようです。