事務用品をスッキリ整頓

事務用品をうまく整理整頓するには、机の上に置くものは、数本の筆記用具、メモ帳、パソコンなど、必要最低限にとどめることがポイントです。
机は作業をする場所なので、スペースを広く空けておくことが作業効率を上げることにもつながります。

必要な書類やマニュアルなどは、書類バックを使って分類し、使用頻度に応じて棚や引き出しに収納しておくとよいかもしれません。
引き出しに収納する場合は、開けたときに背表紙のラベルが見えるように収納しておくと、取り出しやすくなります。
普段はほとんど使用しない書類で保管の必要がある伝票などは、トランクルームを利用するのもよい方法です。

文房具は、会社ではある程度のストックが必要になってきます。
そのため、整理整頓がきちんとされていないと、必要なときに見つけられず、必要のないものまで買ってしまうということになりかねません。
使用頻度の高いペン・ハサミ・ホチキスなどは、引き出しの中から取り出しやすくしておくことが大切です。
仕切り付きのミニケースを引き出しの中に入れておけば、文房具が乱雑になるのを防ぐことができそうです。

その他、パソコンやその付属品ではコードがごちゃごちゃと絡まっていると見た目にも整頓されていない印象を与えてしまいがちです。
配線をまとめるクリップや結束バンド、収納ボックスを利用することで、電子機器の配線をスッキリさせることができるようになります。
電子機器の配線を机の足に沿ってテープなどで止めるのも効果的な方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です